G-1744EPE5VM

リノベーションとリフォームの違い


リノベーションもリフォームも、住まいに手を加える時に使われる言葉だけれど、具体的な違いまではわからない、という方も多いのではないでしょうか?

リノベーション (renovation) とは、修理、復元、革新という意味の単語で、国土交通省のガイドラインでは「新築時の目論見とは違う次元に改修する」と定められている通り、戸建てやマンションといった住宅建築を、用途や機能をするために大規模に改修し、性能を向上させたり付加価値を与えたりする工事のことを指します。

一方リフォーム (reform) には、修正、改革、矯正という意味があり、前述のガイドラインでは「新築時の目論みに近づくように復元する」とされています。老朽化して壊れた部分や、汚れがとれなくなった部分を修正し、建物を新築の時の状態に戻す工事をリフォームと呼びます。

洗面台やガスコンロといった設備を交換したり、壁紙を張り替えたりといった小規模な工事がリフォームなのに対し、水道管や排水管の取り換えや、間取りの変更などの大規模な工事が、リノベーションとなります。以前あったものを修復するだけのリフォームでは、住宅の機能・性能に変化はありませんが、リノベーションは、住むもののライフスタイルやライフステージに合わせて改善するため、住宅の機能・性能は建築時よりも高くなります。さらにリノベーションの場合、性能の向上に伴い付加価値がつくため、リフォームした物件と比べて資産価値が高くなるケースが多く見られます。

リフォーム/リノベーション/外構

エクステリア

施工実績

  • M様低 土間工事、カーポート

  • N様低 門柱工事

  • Y様低 玄関周り、土間工事

  • M様低 バルコニー

  • I様低 内装工事

powered by crayon(クレヨン)